Hankook Universe日本 閉じる

タイヤのケア

タイヤ空気圧の重要性

安全性、ドライビング性能、タイヤ寿命および燃費を確保するため最適空気圧が重要です。

タイヤは1ケ月で1psi空気圧が減少することが知られてい ます。(psi : ポンド/平方インチ)したがって、少なくとも月1回か長距離走行の前、スペアタイヤも含め全てのタイヤを点検することが重要です。

望ましい点検間隔

タイヤの空気圧の点検は少なくとも月に一度行うだけでなく、長距離を移動する前にも行ってください。

タイヤ空気圧とタイヤの寿命  Hankook Tire jp - タイヤのケア
タイヤ空気圧とタイヤの寿命

タイヤの空気圧の状態

空気圧が低い場合:接地面の幅が広がるため、トレッドのエッジ部に過度の負荷がかかります。外側が摩耗するとタイヤ各部の損傷につながるおそれがあり、また、最適な空気圧の場合と比べ、サイドウォールのたわみが大きくなり危険です。

空気圧が高い場合:タイヤが風船のように膨張するため、負荷が中央に集中します。接地面の力のかかり方が不均等になり、不規則なトレッド摩耗の原因となります。

適正な空気圧の点検

運転席側のドア Hankook Tire jp - タイヤのケア
運転席側のドア

ハンコックタイヤは、月1回ご使用のタイヤ空気圧を点検されることをお奨めします。

タイヤの最適な空気圧は、車のドアの内側または車の説明書に記載されています、ステッカーの位置は国によって変わることがあります。

タイヤのサイドウォールに記載されている数字はタイヤの最大空気圧なので、この数字以上の圧力をかけないでください。

タイヤ空気圧の点検方法

点検済みの空気圧力計を購入するか、ご使用の車を近くのサービスセンターかガソリンスタンドに持っていき点検してください。

タイヤが「“熱をもっていない」状態で点検してください(少なくとも運転後3時間後)。

空気圧力計をバルブに差し込んでください。

計った空気圧を車のドアに記載してあるレベルと比較して ください。

圧力が望ましいレベルより高い場合は、ご使用のタイヤを望ましいレベルまで空気を抜いてください。

圧力が望ましいレベルより低い場合は、ご使用のタイヤに望ましいレベルまで空気を入れてください。

open quick menu